外国人と仲良くなるコツってあるの?

国際交流パーティーに行ったり、ボランティアに参加したり。

 

今の日本では、外国人と出会う方法は沢山あります。

 

 

 

しかし、日本人とは違う気質・感性を持つ外国人と上手く仲良くなれない、という人も多いのではないでしょうか。

 

外国人と仲良くなり友人になる為に、何かコツはあるのでしょうか?

 

 

 

〇自分の意見をハッキリ伝える

 

日本人に対して「いつもニコニコして温和」というイメージを持つ外国人は多いです。

 

ただし、これは日本人に好意的な外国人の場合です。

 

「ニコニコして温和=優柔不断で自分の意見が言えない」と、日本人に対してネガティブなイメージを持つ外国人も沢山います。

 

 

 

外国人は男女や年齢を問わず、自分の主張をハッキリ言える人が多いんです。

 

自分の意見をハッキリ伝えて、相手の意見をしっかり聞く。

 

そうして議論やコミニケーションを取って、仲良くなるのが外国人です。

 

 

 

それが当てはまらず、控えめで優柔不断な日本人に対して、イライラしてしまったり、何を考えているかわからず困ったりして、上手くコミニケーションが取れない外国人も多いんですね。

 

控えめなのも日本人の良さではありますが、外国人と仲良くしたいのなら、自分の意見は伝えられるようにしましょう。

 

そうすれば、外国人の方もコミニケーションが取りやすくなります。

 

 

 

〇相手の文化を理解する

 

元々、住んでいる世界が違うので、文化も違ければマナーも違うのは当然です。

 

その相手の文化やマナーに対して、理解を示してあげるのは重要です。

 

 

 

例えば、家で靴を脱ぐ文化がない国もあれば、お店でチップを支払うのが当然という国もあり、日本と違う文化やマナーを持っている外国人は大勢います。

 

そんな外国人達の行動が日本人のマナーと違うからと言って、一々注意していたら外国人の方もイライラしますよね。

 

日本の常識=外国人も従うべきと決めつけずに、外国人の文化・マナーを尊重して理解してあげれば、もっと仲良くなれるはずです。

 

 

 

しかし、どうしても「これだけは許せない」という外国人の行動はあると思います。

 

そんな時は注意するような言い方ではなく、「こうするといいよ」とアドバイスとして相手に伝えれば、外国人の方もすんなり聞き入れてくれますし、良い印象を持ってくれますよ。

 

 

 

〇いつも笑顔で接する

 

外国に比べて、恥ずかしがり屋が多いといわれる日本人。

 

初めて会った外国人と会話をする時、緊張で俯き加減になってしまう人も多いんじゃないでしょうか。

 

 

 

でも、その態度だと、外国人の方も「自分の事好きじゃないのかな?」「楽しくないのかな?」と勘違いしてしまいますよね。

 

そんな悪い印象を持たれない為にも、外国人と話す時は笑顔を心掛けるのがおすすめです。

 

 

 

笑顔で接すると、外国人の方も「楽しんでくれてるんだな」と思ってくれますし、良いイメージを抱いてくれますよね。

 

いつも笑顔で接するだけで外国人に好印象を与えるので、緊張していても笑顔だけは崩さないようにしましょう。

 

 

 

〇日本の文化を知っておこう

 

日本に来る外国人ですから、当然、日本の文化に凄い興味を持っています。

 

日本人と話す時は日本の文化を聞いてくる外国人も多いですし、日本人なんだから日本の文化を詳しく知っていると思っている外国人も多いです。

 

 

 

そんな外国人と上手く交流するためにも、日本の文化を多少は知っておくのがおすすめです。

 

日本の文化の知識があれば、それをネタに外国人と話す事が出来ますし、会話も弾みますよね。

 

 

 

逆に日本の文化に詳しくないと、外国人にガッカリされてしまう事があります。

 

日本の文化の知識があれば、それだけで外国人と仲良くなるのに有利になるので、説明できる程度の知識は頭に入れて置くといいですよ。

 

 

 

外国人と接していると、理解できない事が多々あると思います。

 

その理解できない事をカルチャーショックとして処理せずに、理解を示してあげることが、仲良くなる一番のコツです。

 

 

 

外国人の方も、日本人と仲良くしたいという思いは持っています。

 

お互いに理解し、笑顔で会話する事を忘れずに、一生の友人を見つけてくださいね。